2017
07.04

トーハクでタイの仏教に触れる 日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」始まりました

タイ, 開運


「泉美さん、仏像撮り放題ですよー」という魅力的な誘いを受け、日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」の報道内覧会にはせ参じました。



みうらじゅんさん、いとうせいこうさんがタイ仏像大使に就任。私はタイ大仏大使になりたい♡ さらに会場には、そうそうたる仏像ニストがおいででしたがワタシク、タイの仏教、仏像&巨大仏、寺だけは負けていません(笑)←負けず嫌い<日本の仏教・仏像にはさほどこだわりがない

さて、「タイ ~仏の国の輝き~」は本日より8月27日まで東京博物館で開催です。総作品約140。タイ各地の博物館他に所蔵される名品が結集。



すっかりブログでご紹介する間もなくタイを飛び回っておりますが3月にアユタヤに行ったのですよ。重い腰を上げて。

実はこれまでアユタヤに出かけようと思ったことがまったくなかったんですが、今年になってからやっと「呼ばれている」ような気がするようになりました。

その折、見学を楽しみにしておりましたチャオサームプラヤー国立博物館。




なかでも博物館の顔ともいえる金象他、先に開催された九州博物館での同展示もあり、すでに日本にお貸出し中というすれ違うがおこりまして(^-^; 以来、東京でお逢いできると知り、心待ちにしておりました(笑)。

金象/チャオサームプラヤー国立博物館所蔵

その金象、ワット・ラーチャブーラナー遺跡仏塔地下より出土したものです。

ワット・ラーチャブーラナーのプラーン(塔状祀堂)

アユタヤ第8代王の時代に創建された寺院です。詳しくは後日。

案内してくれたのは頼もしいコーディネーター、長屋良典さん。私のタイ取材を6年に渡ってサポートしてくださっています。長屋さんにススメられ、せっかくなので登ってみました。結構、急だし怖くて、ちょっと後悔もした(^-^;





この仏塔内部の地下にあるクルという空間に国王の黄金製品が納められていたといいます。

そうした品々が所蔵されているのがチャオサームプラヤー国立博物館の特別室。大概の展示物が撮影可なのですが、この部屋は撮影不可。それだけ稀少で厳粛な王様の遺品です。

そのお道具と約4カ月の時を経て出逢えた上、お写真も撮らせて頂きました♡ これはまさに運命。訪タイの際、特別展の開催は知っていましたが展示物詳細まで知らなかったのです。アユタヤに行ったのは偶然で別の目的もありました。でも、今となれば布石だったのね……とドラマチックな出逢いを演出。





このようにアユタヤは勿論、タイ全土に足を延ばさないと目にする事ができないタイ仏教を物語る品々が特別展に並びます。

こちらはポスター他、タイトル仏に掲げられているナーガ上の仏陀座像。入場して早々にお出迎えしてくださいます。



お美しいですね。

以前はこのナーガ及びナーガ上スタイルがちょっと苦手でした。蛇なのでね(^-^; 仏と蛇って組み合わせ、日本人にはインパクトが大きい。

そのナーガとは仏陀が悟りを開く時に仏陀を守護した蛇神であり水の神。ナーガ上の仏陀やナーガだけの像はお寺や仏教関連施設などで祀られています。



でも、去年ぐらいから結構好き。お逢いすると嬉しい。なんの変化、予兆かしら?

また7世紀のドヴァーラヴァティー時代、車輪が転がるように仏法が広まることを意味する法輪、1m30センチも展示されています。



シックな色合いの展示物が並ぶ中、目を引くのはランナータイ様式、金色の仏陀坐像。



また、仏法を説いて回るアクティブな仏様、ウォーキング・ブッダこと仏陀遊行像が360度から拝めます。なかなか粋な演出。






お出かけ中なので身体の動きが仏像に表現されています。仏像は立像、座像が多いので珍しいタイプですね。

私は報道内覧会に出席致しましたのでお陰様で撮り放題でしたが、残念ながら一般の方は撮影禁止。

けれど安心してください。撮影スポット、ちゃんと用意されています。それがこちら。

それがワット・スタット仏堂伝来、5.6mの金色に輝く、装飾が見事な大扉です。



この扉が一番大きな展示物でラーマ2世王が作らせたと言われています。さらに奥の仏陀は三好和義さん撮影。ワット・スタットの仏堂を再現しています。

ワット・スタットはバンコクにある第一級王室寺院。お写真でゲスト出演のご本尊はピッサスローク様式のプラ・スィー・サーカヤムニー仏、高さ8メートル。↓こちらは私、撮影。




かつてスコータイにあった仏陀ですがラーマ1世によって遷都したバンコクに運ばれ、その安置のために創建されたのがこのお寺でした。赤い鳥居のようなサオ・チン・チャーという高いブランコでも有名です。




功徳を積み、輪廻転生を願う寺として広く知られています。以上、出典:泉美咲月著『40大大人女子のための開運タイごほうび旅行』より(笑)。

このようにタイの仏教文化の歴史を辿りつつ、仏像を拝むことができる「タイ ~仏の国の輝き~」。タイ仏像大使企画・デザインのオリジナルグッズ、展覧会図録B5変形(2500円・税込)、三好和義さん撮影のポストカード(150円・税込)、A4クリアファイル(400円・税込)他、販売しています。クリアファイル好きはもれなく購入(笑)。






CMも公開中。



後日、他の展示物とタイの仏教などまたお話ししますね。

帰国以来、ずっと「タイに戻りたい」と念仏のように唱えておりましたら、ひと時、仏に運ばれ戻れた気がしました。

ぜひお運びになり、次はぜひ、タイで参拝旅を♪

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)