2017
04.16

バンヤンツリー・プーケット スパ・サンクチュアリー、私のヴィラ

スパ, タイ, ホテル, 大人女子のご褒美バカンス,


バンヤンツリー・プーケット宿泊、スパ・サンクチュアリー滞在。

ではヴィラの中もご紹介



タイ風建築の趣きのあるヴィラ。

蓮池で囲まれています。



睡蓮と共に目を覚ます、素敵

玄関先、ロビーと呼ばれるスペースにはテーブルやソファーがあります。ここでフットバスを受けたり朝食やお茶も最高



扉を開けると左手にリビングが。



シックでラグジュアリーなムード。大人のリゾート感、漂いますね。こちらでもフットバスが出来ます。涼しくて快適。夜間の到着などはこちらが最適ですよ。


前庭、裏庭も見え、明るくこれまた開放的な配置



休日にお仕事は無粋ですが、そう綺麗におさまらないのが現実。しっかりとしたライティングデスクがあるのも嬉しいです。実際、いつも仕事だし、わたし



でもね、よい環境だと仕事も楽しく、また能率があがるの。

到着早々ひとり「直木賞作家になって、ここで一か月過ごせるベストセラーズになってやるー」と叫んだわたし(笑)。いつものようにキレ気味(ポイント)。そしてブログで書いたから叶っちゃうと思う

そういえば、キレて願うと大概叶うという話を風水カウンセラーの花藤みわさんに話したら「それはきっと呪いよ」と言われました(笑)。そうか、「呪い」か 

到着時にはメッセージと可愛いギフトが届いてました。



アメニティや冷蔵庫周りをチェックして載せる豆な方、おおいですが私はあまりやりたくない(笑)。でも一応撮ったのでちょっと掲載します。4種の茶葉が備え付けはとても嬉しい。



玄関から右手、洗面&シャワールーム&トイレのスペース。



ツインシンクで男女別の仕様に分かれてます。男性用スペースには髭剃りの電源などを完備。ハネムーナーが多いこの施設ならではの気遣い。




庭の景色が眺められるトイレ、素敵



わたし、庭が見えるトイレ、お風呂って理想なの。

スチームサウナにもなるシャワールーム。



滞在中は活用させて頂きました。身体や顔のパック、スクラブにも最適でした~。

スパアイテム、一般ヴィラはタイ・チャマナード。スパ・サンクチュアリーはカフィア・ライムを常備しています。



奥の扉を開けると庭のバスタブ。



4泊からのセンス・オブ・ウェルネス・パッケージを取材しましたので日替わりで素敵なバスタイムやキャンドルサービスが用意されていました。これについては後日

蓮池に面したベッドルーム。




シンプルで好み。

枕素材、ファブリックも好みで選べます。



到着したらトーン・ダウンまでに好きなものを選んで、ベッドに置いておくと変えてくれますよ。

私はこちら↓



寝心地よく巣作り お香とアロマを焚き、キャンドルの灯りに癒され……。日々、横になると5秒で爆睡でした(笑)。

こうして書いていると快適な日々が走馬灯のようによみがえり……。私が一番、戻りたいヒト 麗しい空間、時間に思いを馳せ、お仕事頑張ります。

人生、茶のしいことばかりじゃないから、ご褒美は必要だと今回の旅ではつくづく感じました。

🔳プーケット旅、Webにて連載中
大人女子を楽しむWebマガジン「CheRish」
第1回 → 私が “私” と出遭う よみがえりのプーケット旅(1) バンヤンツリー・プーケット スパ・サンクチュアリーで過ごす休日
第2回 → 私が “私” と出遭う よみがえりのプーケット旅(2) 抱擁し解きほぐす、癒しのバンヤンツリー・スパ

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)