2017
03.20

タイ全土の郷土料理を満喫! 大好き、セントラルエンバシー地下1階フードコート Eathai

お土産, カフェタイム, タイ, ランチ, , 食のこと


「バンコクにはもう10年行ってない」などという方によくお逢いします。タイ、とくに首都のバンコクは急成長を遂げているので、そんな方ほど「えっ」と驚くほど都市化し、施設も充実しています。

とくにショッピングモールは随時進化、お店も品揃えも良く、それぞれの個性を打ち出してます。私のお気に入りは長年サイアムパラゴンだったのですが11月の滞在であっけなく首位はセントラルエンバシーへと交代 今や私のニーズにもっとも応えてくれる存在なのです。

先日も地下1階で一気にお土産をGetして頂くたく、ご紹介しましたね
→ タイのお菓子からナチュラルフードまで揃う、バンコク・セントラルエンバシーでお土産ハンティング

1階から上のブランド店や人気レストランもいいのですがこの地下1階の「Eathai」が飛びぬけて好き~。



だってタイ全土の郷土料理に加え、バンコクの人気屋台が集結したフードコートなんですもの。



お食事からデザート、フルーツなど、タイのおいしいものが衛生的に食べられる。しかもおひとり様でも大丈夫

フロアに降りると入口で渡されるカード、飲食はこれにすべて記録されるんです。



中にはお菓子や食品といったお土産も売られているのですが食後、すべてレジを通って出るシステムなので買いたいものをカゴに入れ、このカードと共に会計すればいいんです。クレジットカードも使えますよ。

他店のフードコートは自店のプリペイドカードやBTSのラビットカードにチャージが必要だったりして面倒なの。その点、満を持してオープンしたセントラルエンバシーは店内の導線もシステムも便利で簡略されています。



たくさんお店が出てて、メニューも豊富だから見て歩くだけで楽しい。フロアにはたっぷり席があり、あちらこちらで注文して出来たお料理を好きなテーブルで食べればいいの。



私が11月に行ったときは久々食べたかったカオソーイ。東北地方のカレーラーメン



揚げた麺やライムやホムデンなどが添えられているので上に載せて食べます。



勿論、大好きなカオニャオマムアン(マンゴー・ウィズ・スティッキーライス)もあるー。サイズも選べますよ~。



必ず飲むのはヤシの実のジュース。甘くてスッキリ。



お持ち帰りのボトル入りもあるのよ←当然、買って帰るヒト

これも絶賛マイブーム中、豚肉の串焼きのムーピン。もち米抜きで作って貰います。



1月に行った際は川エビ付きのスペシャルなパッタイ。ケチャップぽい感じが強くて残念。



タイ料理がよくわからなくても見本が出てるので指さしで頼めるのもいいですね。



わたし、取材の合間にひとりでショッピングや観光に出かけ、食事もするのでこうしたフードコートは重宝します。とくにEathaiはタイ料理とタイ土産に特化しているので観光客向け。路上の屋台と違って衛生面、セキュリティ面も整ってて安心して食事が楽しめます。

オリジナルブランドの食器やアイテムもあり購入も可能よ



お友だちやご家族で行ってあれこれ頼むとタイ全土のお食事も楽しめちゃう。



現在のタイは熱~い暑期。日中は無理して屋外で過ごさず、お買い物や食事、スパで過ごすのがおススメ。ぜひお出かけください。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)