2017
02.15

マカオ観光局メディア懇親会 あー、マカオに行きたい!

できごと, マカオ,


先日、マカオ観光局のメディア懇親会がございました。懐かしー、マカオ。昨年5月下旬から6月上旬にかけてプレスツアーで初めて訪ね、誕生日を迎えた記念すべき土地 大好き 

どれくらい好きかというと「今、一番おススメの国は?」と聞かれれば、すかさず「マカオ」と答え、旅は関係なくても「現在のおススメは?」と尋ねられればもちろん、「マカオ」と叫び続けた彼の地です。ポルトガル統治時代の面影を残す美しい街並み。かたや中国の老街を彷彿とさせる十月初五日街。

当時は建設中だったホテル、パリジャンもすでに開業

一方で24時間眠らない、いわば不夜城。ラスベガスを超えたカジノの街としても知られ、ゴージャスかつエレガントなホテルが立ち並びます。治安も良く、清潔。そして何を食べてもおいしい エンタメも充実 とにかく旅人を楽しませてくれる要素が詰まっているのがマカオなのです。そうそう、初めてスマホを落とし、でも難なく戻ってくるという体験をしたのもここでした

バンジージャンプ世界最高のマカオタワーで「やりたい!」と叫ぶ。でもやらなくてよかった→帰国後頚椎症ヘルニア再発

スイッチが入っちゃってタイに行きまくっておりますがマカオのこと、忘れた日はありません(ちょっとだけ嘘)。ずっとお仕事のことで考えてます。

観劇のためだけでも行きたいハウス・オブ・ダンシング・ウォーター

メディア懇親会に参加させて頂き、さまざまな想い出とシーンが蘇り、とても恋しくなりました。ディナータイムはポルトガル&マカオ料理

 

ポルトガルの家庭料理であり、定番スープのカルド・ヴェルデ。明治時代に清国から伝わった海老トースト、トスタス・デ・カマラォン。塩漬けにした干し鱈、バカリャウを練り込んだコロッケ。

 

香辛料やココナッツミルクで煮込んだシチュー、ガリーニャ・ポルトゥゲーザなど。

銀座のレストランで開催され、おいしいのですがやっぱりマカオ風かな。現地の美食にはかないません。あー、マカオで食べたい。ちなみに私が昨年食べた中で一番おいしいと思った料理は現地のポルトガル料理店、TOCAのシーフードライス(リゾット)だったりします
 → マカオのポルトガル料理

いますぐ行って食べたいTOCAのシーフードライス

そしてデザートにはやっぱりアレ 

エッグタルト



焼き立てが出て来て大興奮 おいしかったなー、ロードストーズベーカリーのエッグタルト これが一番現地に近いお味だった気がします。

すっかりマカオが恋しくなった夜。念ずれば引き寄せる??


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)