2017
02.14

タイのお菓子からナチュラルフードまで揃う、バンコク・セントラルエンバシーでお土産ハンティング

お土産, タイ,


長らく私の心の中でバンコクのショッピングモールナンバー1に輝き続けていたサイアムパラゴン。でも昨年、異変が そう、それは2014年にオープンして以来、タイ一のラグジュアリーショッピングに君臨するセントラルエンバシーと出遭ってしまったから

大好きカオソーイも食べられます

ハイブランドが軒を連ね、飲食店もバラエティ豊か……ですが、一番気に入っているのが地下一階のEathai。タイ全土の郷土料理に加え、バンコクの人気屋台が集結したフードコート、さらにお土産にお役立ちのタイ食品売り場なのです



タイのお米、調味料、お菓子、さらにそれらのオーガニック食品も豊富。タイ風の重ねて使うお弁当箱もありますよ。いつも悩むけど買わない(笑)。



見て歩くだけでも時間がかかるのでお食事がてらに時間をとって出かけるのがおススメ



この売り場でリピートしているお土産をご紹介。

先日もご紹介しましたがトムヤム風味のカシューナッツ TomYum CrispのTom Yum Crisp Cashew Nuts VEGETARIAN
 → バンコクで買いたい、おいしい土産 11月泉美セレクション



ピリッと辛い唐辛子とドライのバイマックルーが絶妙。

カシューナッツやナッツ系のトムヤム味は人気でいろいろ種類があります。



試食もできるのでお好みのものを選べます。私はTom Yum Crisp Cashew Nuts VEGETARIAN、イチオシ

さらにお気に入りは龍眼(りゅうがん、または、ろんがん)のハチミツ




My Choice Thai Longan Blossom Honey。My Choice Thaiは有名なタイの食品メーカー。安心のブランドと評価されオーガニックのココナツオイル、ドライフルーツやハチミツなどの商品があります。

商品は使いやすくて軽く、持ち運びに便利なスティックタイプと瓶入りがあります。



重いですが俄然、700gの瓶入りが249バーツ(約805円)。おやすーい。勿論、100%で日本で市販されているものでありがちな混ぜ物や水あめで薄めたりしていません。

また王室プロジェクトの製品や郷土菓子のコーナーにもロンガンハニー、ありました。



巣蜜入り可愛い瓶に入ってます。巣蜜だけのタイプはMy Choice Thai にもあります。こちらはちょっと割高。うる覚えなのですが1瓶220バーツほどしたと思います。今度、チェックしてきますねー。

龍眼はチェンマイ名産のフルーツ。大好き ドライフルーツも好き

龍眼のハチミツは世界三大はちみつ(ギリシャのタイム 、台湾のロンガン、タスマニアのレザーウッド)のひとつにも数えられているとか。台湾やタイでよく売られています。褐色で濃厚、フローラルな香り、あと味はさっぱりしています。日本ではなかなか手に入らない、珍しいものなのでぜひGetしてください 我が家でもお友だちにも大好評です。



珍しいといえば、このぶどうのお菓子。ドライフルーツなんですけど、なんかスカスカしてて、歯ごたえがなくて変わった風合い。お好みですね。私はリピートしないけど(笑)。

さて、このようにお土産を求めてBTSを乗り継ぎするとさすがに疲れます ロブションのカフェで休憩。だって荷物がこんな



結構大きな折り畳み式(75cm×40cm×高さ33cm)ボストンバック マーケット系のお店ではビニール袋になるので沢山買うと持ち運びが大変。なのでひとつにまとめられるように持参します。

デザートはマンゴーのムースとマンゴーのクレープを盛り合わせたLe Mango Mango、350バーツ(約1,132円。ロイヤルアッサムティ、200バーツ(約647円)と共に実はこのとき、1日1マンゴーキャンペーン実施中でして(私の中で)、とくにお腹は空いてなかったのですが無理しました



大絶賛中のセントラルエンバシーについてはまた後日、フードコートについて書きまーす。

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)