2017
01.30

2月はバンチェンマラソン開催! LCC タイエアアジアX 国内線で行くウドーンターニー⇔バンコク

タイ,


一躍、私の廻りで話題のウドーンターニー 勿論、紅い蓮の海、タレー・ブア・デーンと呼ばれるノーンハーン湖は今がシーズン。2月上旬まで幻想的で美しい風景を見ることができます。急いで~

素晴らしい情景、珍道中に関しては以下↓
 → 実はまたタイにきています>2017年 タイはじめ。
 → タイ・ウドーンターニー 紅い蓮の海と呼ばれる場所へ
 → ウドーンターニー タレー・ブア・デーンへのアクセス、鑑賞方法



IMG_9413

ここでは先日ご紹介した世界遺産、バンチェン遺跡も有名。
 → タイ・ウドーンターニー観光 バンチェン遺跡へ
 → タイ・ウドーンターニー観光 もちろん、パワースポットも欠かせません
 → タイ・ウドーンターニー観光 ワット・パー・テーププラターンポンの大仏さま

まだ聞き慣れない地名ですが秘境って程でもないんですよ、結構田舎ですけど(笑)。そして来月2月18、19日にはバンチェンマラソンも開催されるんです まさに今、ウドーンターニー祭り開催とも言えるの盛り上がり

そんな訳でますます注目のスポット、ウドーンターニーへのバンコクからのアクセスの仕方をおさらい。すでにタイエアアジアXを利用したレポートはこちら。
 → タイエアアジアXで行く、ウドーンターニー、タレー・ブア・デーンへの旅

ではやっぱり気になるタイ国内線利用についてお話しさせて頂きます。まずはウドーンターニーってどうやって行くのってところから始まりますよね。またバンコクまで他のエア会社で行き、ステイしてから移動する方も多いかと。エアチケットはタイエアアジアXのHPで日本語で購入できます。バンコク ・ドンムアン空港からウドンタニ空港(タイエアアジアX内の表記)を選択。

イメージ243
イメージ244

画像はバーツ表記になっていますが最終画面では日本円で表示することもできます。

食事や座席、受託荷物のオプションを選び購入するだけ。進んでいくと自動的に保険加入になるので不必要の方は外してくださいね。国内線は日本と比べて安-い。空港税、消費税込みで最安値は片道790バーツ(約2,560円)。ただいまオールインフェア中

さて、こんな感じでサラッと予約したら旅立ち。ドンムアン空港までタイエアアジアXを使って到着し、そのままウドーンターニーへの乗り換えはFly-Thru (フライスルー)を使用できます。外に出ず、第二ターミナルの国内線に乗り継ぎできます。

私が利用したのは以下のフライト。

<往路>
ドンムアン空港→ウドーンターニー空港
FD3350 17:15→18:20
<復路>
ウドーンターニー空港→ドンムアン空港
FD3351 18:50→19:55

座席は出入りも早く、足元のゆったりした前方のホット―シートがおススメ。

IMG_9253

フライトは1時間5分程度であっという間です。

それでも根性で事前オーダーした乗客のお食事、飲み物やショッピングを希望する方に販売するCAさんたちはスゴーイ。

IMG_9727

あら、棚には広告が。国内線ならではの光景。

別売りの機内食で気になったのは大好物のカオニャオ・マンムン(ステッキーライスwithマンゴー)

IMG_9722

機内食で、どんな風に出てくるの?? お味は??  とかなり気になったので帰りに頼んでみたら……残念ながらこの便にはのってなかったみたい 

また喪章の販売も今のタイならでは。アクセサリーじゃないのよ、前国王様が亡くなられて、タイでは喪章リボンの形や、さらにタイでは好まれる数字であり国王様(ラーマ9世)に因んだ「9」を象った喪章が出回り、皆が付けているんです。ラインストーンでキラキラしているところがやっぱりタイ風、派手

IMG_9726

地方からバンコクに弔問に行かれる方用かしら? 11月、服喪体制になったタイに行く際、予め喪章が欲しいと思ったので(到着後王宮近くで購入)国際線でも販売されてればいいのに、と感じました。

このタイプとは違いますがCAさんも胸につけています。

IMG_9731

そうそう、復路のドンムアン空港、なかなか便利でした。

IMG_9738

新しくなった第二ターミナルで降りるのは初めて。

IMG_9739

古い国際線ターミナルと違って、こざっぱりとしてますね。

タクシー乗り場まで案内の通りに歩いて行くとタクシーカウンターと電光掲示板が設置したエリアが。

IMG_9742

国際線は受付と係りの人がいるだけ(2016年11月当当時)。蒸し暑いし、混雑していると僅かな間でも待つのは苦痛なものです。でもここはエアコンがきいてて、ドリンク&軽食を売る売店もあれば、待合いの椅子もあるの

IMG_9744

素晴らしー 旅人にやさしい。なかなかハードな旅でしたので、よりいっそう救われました。

使い方は簡単。入口で整理券を引き、自分の番号が表示されるのを待ちます。

IMG_9743

注意点として番号が出てからさっさとカウンターに行かないと、すぐに新しい番号にされちゃうところ(笑)。さすが実はせっかちなタイ人

いかがでしょう? こんな感じでひとり旅でも可能なくらい(ええ、私はひとりでしたけど)旅が出来ちゃうです。今年、ますます評判が高まった気がする絶景です。今シーズは無理でも12月からの蓮の開花を目指して旅の計画をしてみてはいかがでしょう

IMG_9749

バンコクのホテルについて……。

あら、壁にかかっているのは?

IMG_9751

 しかも紅い

これを目したとき、私はまたウドーンターニーにいずれ戻るなと確信しました。タイのホテルで蓮のモチーフはものすごく多く見受けられますが、いいんです、こういう無理やりな引き寄せは大事(笑)。

あの絶景を臨みに……、さらにバンチェンマラソンを目指して、ぜひみなさまもタイエアアジアXでお越しください


にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)