2017
01.29

タイ・ウドーンターニー観光 もちろん、パワースポットも欠かせません

タイ,


テンションがバッチリ上がったところでウドーンターニーのパワースポットめぐり、No Life No 詣で

街の地場神、サーン・ラック・ムアンに参拝しました。

IMG_9663

スッキリとした青い空に東北地区ならではの様式のお堂、素敵ですね。

中には平和や安定祈願した柱、ラック・ムアンが祀られています。

IMG_9651

これはバラモン教の教えをとり入れた宗教文化で、新しい町を建設する時に礎となる柱を立て繁栄を願うというもの。バンコクにもチャクリー王朝を築いたラーマ1世によって建立されています。タイのあちらこちらの街でも見かけるラック・ムアンは願いを叶えてくださるお力が強いと信仰が篤く、地域のパワースポットです。

私も運転手のヨッスさんの案内で御供えを求め、参拝致しました。

同じ敷地内にはタオ・ウェー・サワン像もおあします。

IMG_9657

敵を倒す戦いの神、毘沙門天

十二天の一尊である毘沙門天は北方の守護神ウドーンターニー県の県章にもなっています。

すぐそばにはブッダを祀ったお堂も。

IMG_9661
IMG_9660

とても良いお天気でしたがさすが東北部。暑すぎず、さらりとした気候です。

少し離れた場所には、勇気と成功を祈願するアヌッサワリーと言われる記念碑があります。(ラーマ5世の統治時代、ウドンを統治した英雄クロムルアンプラチャクシンプラーコムを称え建立されました。車の通りが激しいロータリーにような場所にあるため、止まって近くで参拝することは叶いませんでした。

詣でた後、ヨッスさんに連れられとある場所へ。こちらも街の中心部にあるノンプラジャック湖。そこには……。

IMG_9665

アヒル

え、アヒルですか?

IMG_9668

傍らでヨッスさんが、うんうん頷く。どうやら「アヒル」で通じてる模様(笑)。

堂々とラバーダックのパクリ。ウドンタニー市長が平和と市民の一致団結の象徴として池に浮かべたそうで、以前は巨大なアヒルが湖に浮いていたそうです

ちなみにウドーンターニーの郷土料理のひとつもアヒル 総じてアヒルはこの街のシンボル。そういえばウドーンターニー空港に着いたとき、見た見た。アヒルのお菓子。

IMG_9710

おいしいかどうかはわかりませんが、おそらくウドーンターニー銘菓のひとつ どちらかというと地味な街ですからね、こうした試み、プレゼンは良い事だと思います。

ウドンタニー県ナーユング地区のパープーゴン寺院にある、大理石の寝釈迦仏に参拝したかったのですが割と距離があり、今回は難しかった。本堂のエメラルドグリーンの屋根がそれは美しく、優雅な寝釈迦仏がおいでになると聞くので、ぜひまた行きたいです、ウドーンターニー。

さて、街一番のショッピングモール、セントラルプラザを見るとすることなし。結局、時間潰しにマッサージへ。ヨッスさんも誘って、ふたり並んで仲良く施術を受けました(笑)。疲れていたし、ウトウトできたからよかったのですが、やっぱり街のマッサージ屋は合わない、とっても雑 そもそも教育とかトレーニングとか受けてないでしょうからね。押す力もマチマチで、スマホいじりながらお喋りしながら。これでよく当のタイ人は怒らないものだと感心します

タイのマッサージ屋は安いので高級なスパを受けることはナンセンスという人もいますが、これは趣向と価値観の問題。私は清潔で快適な空間、癒しの術と高い技術を持ったセラピストから施術を受けることを好み、身体の調子も整います。二人で各2時間、700バーツ(約2,267円)は安いけど、ホスピタリティに欠け、術後は痣だらけじゃ、満足とはいえない。残念なことに、この夜、予約しておいたバンコクの馴染みのショップでもハズレを引きました シンプルに下手だった……。つまらない施術を4時間も受けてしまった……。今回は珍しくボディケアは満たされませんでした

とはいえ、福眼のウドーンターニーステイ。充実した2日間でした。さよなら、また逢う日まで

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)