2017
01.16

ブロガーGO! 一軒家スパ ディヴァナ・ナーチャー・スパ視察&利用方法

スパ, タイ, ブロガーGO!,


ブロガーGO!4日目、ディヴァナ・ナーチャー・スパ視察。

前日はホアヒンからの移動、ホテル視察で楽しくピンクアフタヌーティー、天空のレストランでディナーと、ご厚意と自身の政治力を使いまくって遊んでいたので、スパタイムが取れませんでした ←薄ら自慢

入ってすぐのロビーには自社ブランドのスパグッズが並び購入もできます

入ってすぐのロビーには自社ブランドのスパグッズが並び購入もできます

タイで名高い一見、ディヴァナグループ。私もプライベートや取材でお世話になってきたので、その技術力、おもてなしをとても楽しみにしていたの

ここ、ディヴァナ・ナーチャー・スパ(Divana Nurture Spa)の他に
ディヴァナ・マッサージ&スパ(Divana Massage & Spa)
ディヴァナ・バーチュースパ(Divana Virtue Spa)
ディヴァナ・ディヴァイン・スパDivana Divine spa) 他があります。

ディヴァナ・ナーチャー・スパの特筆すべきは、グループの最新施設ということ。以前はスクンビットにありましたが地域の再開発で惜しまれつつ閉店。2016年4月、この地にリニューアルオープンしました。場所はBTSナナ駅が最寄り。駅からトゥクトゥクの送迎もありますが、行きはメンバーとタクシー移動で向かいました。

IMG_4382

スパの利用についてですが私は慣れているので、自分のブログで書く時、ついついサラッと書いてしまいますが、当然、初心者の方も勿論おいでですよね。反省して丁寧に書きます

予約、お問い合わせのできるオフィシャルの日本語サイトがあります → divana

スパではチェックインの際、カルテの記入を求められます。英語の場合もあれば、日本人の利用が多い店だと日本語の場合もありますよ。ディヴァナは英語でした。内容は、薬の服用の有無、アレルギーの有無、心臓病や高血圧といった重篤な疾患の有無、施術を避けたい箇所、マッサージの強弱の好みなどになります。

問診が終わると担当のセラピストが案内してくれます。そこには窓辺に緑が揺れる、ディヴァナならではのトリートメントルームが。

IMG_4388

2ベッドだからバスタブもふたつ(笑)。

お部屋にはすでに施術の準備ができてました。

IMG_4392

まずはフットバス。

バラの花びらとこぶミカン、ソルトなど食材を使ったタイらしいケアアイテム。

IMG_4390

視察で用意してくださったのは、デトクシファイ・ジェイドリボーン(120分/3,350バーツ)。

ジャスミンオイルと温めたジェイドストーンを使って100分間のマッサージです。幸せ~。

残り20分はバラの花びらを浮かべたミルキーバス。

IMG_4405

これだから、タイのスパは素敵だ~

浴槽もたっぷりお湯もたっぷりだから、心の底からくつろげます。このままベッドに移動して眠りたい←お疲れ様

すべてのメニューが終了すると再びフロント前のソファーでお茶とフルーツのサービス。

IMG_4412

つい深い満足のため息が出ちゃうの

タイを旅する時、スパは必須。タイ式マッサージ、オイルマッサージ、アーユルヴェーダ他、様々な施術が受けられるほか、そのお店ごとのシグネチャーメニューも個性的且つ豊富で、飽きることなくトライできます。男性でも臆することなく施術を受けられるのも魅力。

ひとつ付け加えるならスパデビューは質の良いお店を選んで欲しいということ。余程の目利きじゃないと安かろう悪かろうは当たり前なのがタイだったりします。それにはディヴァナは最適です。一軒家というロケーションも麗しく、良い想い出になります。ぜひお訪ねくださいね。

Divana Nurture Spa
71 Sukhumvit 11, North Klongtoey, Wattana, Bangkok 10110 Thailand
+66 (0) 2651 2916



ブロガーGO!メンバーの各SNSなど詳細は
こちらから →タイ国政府観光庁主催の「ブロガーGo!」、旅の様子更新中 

<メンバーのブログ>
五十嵐貴文さん
http://igamoba.jp/
Blotraさん
http://travel-ryokouki.com/
さとちんさん
http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com/
http://satochin0212.jp/ 
あくやんさん
http://akuyan.to/
杉森千紘さん
http://tokyobentolife.com/

ブロガーGO! 
主催:タイ国政府観光庁 東京事務所
協賛:タイエアアジアX、アナンアタラ・サイアム・バンコク・ホテル、 アナンタラ・ホアヒン・リゾート、 アナンタラ・バンコク・リバーサイドリソート&スパ、 ディヴァナ・ニューチャースパ

にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)